エクササイズ

セルフマッサージとバストアップ

エステの施術で行うバストアップでは、機械だけでなくエステティシャンによるバストアップマッサージが念入りに行われます。
溜まったリンパや血流をスムーズにして、バストを育む環境を整備することが目的です。
そんなエステティシャンのゴッドハンドによるバストアップマッサージも続けていくことが大事。
セルフマッサージにも応用して毎日自分でやってみましょう。

用意するものはアロマオイルです。
肌の滑りを良くする目的はもちろんのこと、良い香りがする方が心地よいですよね?
心地よい時間を作り出し、マッサージすることが楽しいと思える環境作りに繋がります。

好きな香りで構いませんが、アロマがもつ力にも注目してみると楽しいですよ。
寒い季節でしたらホット効果のあるジンジャー、朝だったらかんきつ類でさっぱり、夜のリラックスタイムならラベンダーなど、時間や用途に合わせて、もちろん好きな香りであることが一番大事!
アロマオイルを手に出します。500円玉二つ分くらいを両手ですり合わせて軽く温めます。
脇下のゴリゴリしたリンパ節から乳腺にかけて優しく塗るようにマッサージします。

ゴリゴリしたリンパ節は力任せではなく、優しい力で何度もさすり、胸の方にゴリゴリを流すイメージで行います。
この作業により胸回りの血流を促進し、細胞を活性化します。
続いて、鎖骨からみぞおちまで、胸の中心をさすります。
両手で交互に優しく。

手のひらで右のバスト全体を下から持ち上げるようにさすりあげます。
タップンタップンと荒くせずに持ち上げてバストは優しくおろすようにしましょう。
反対側も同様に。

最後に、よく流れるようになったリンパや血流を脇の下に戻すように、もう一度脇の下のリンパをさすって終了です。
あくまでも優しく行うことが大切。
毎日のリラックスタイムとしてバストアップマッサージに励んでくださいね!

このページの先頭へ