エクササイズ

バストアップに効果的なノーブラ

「ブラジャーはバストアップのために着けるもの」、そう思う女性は多くいます。
思春期のとき、バストに変化を感じてからつけ始めて、今では当たり前のようになっています。
しかし、「ブラジャーをつけない方がバストアップする」という気になる発表を目にしました。

フランスにあるブザンソン大学医薬学部の研究によると、「ブラジャー無しで過ごした女性を生体測定したところ、乳房の細胞組織の質が向上。
さらに肩の回旋筋や大胸筋が発達した。
さらに、バストのサイズはブラジャーありのときよりもわずかに大きくなっており、位置がリフトアップした。」とのこと。

バストを支えるための「クーパー靭帯」というものがデコルテあたりにあり、この靭帯が切れてしまうと支えられなくなり垂れたバストになるという。
それを支えるために、できるだけ普段はブラジャーを着けることが推奨されていたので、全く反対の研究発表内容に驚きです。
スポーツなどでバストの揺れが大きくなる際は保護の意味でブラジャーを推奨しているが、激しい動きをしない場合はノーブラ状態で過ごしても問題無いそうです。
ブラジャーをしていないと、クーパー靭帯が鍛えられ、胸のバストアップ効果があるそうで、それにより位置がアップしたとみられます。ノーブラ状態でクーパー靭帯の質を向上させるが、激しく揺れる場合はブラジャーを着ける、というように使い分けをすれば解決ですね!

このページの先頭へ