エクササイズ

バストアップでかたちを綺麗にする方法

バストを形良くバストアップさせる方法の一つとして「正しいブラジャーのつけ方を守る」ことが挙げられます。
どこの下着メーカーや販売店でも、つけ方については徹底されています。
販売員さん自身もですが、試着の際にも正しいつけ方で合わせるように教育されているようです。

ブラジャーのつけ方が間違っていると、バストアップどころかつぶれたり、垂れ下がったり血行不良になります。
これではバストの成長を妨げ、形がどんどん悪くなっていきます。
年齢を重ねるにつれて筋肉が衰えてバストが下がっていくので、ブラジャーを正しくつけることを順守しましょう。

各メーカーの正しいつけ方を総合したところ、「背中、ワキ、腹の肉をカップに入れる」ことは共通しているようです。
ブラジャーのホックを前でつけて回してつけるなど楽なつけ方はNG。

前かがみになって、ブラジャーをお腹に当てます。
上にグーッとずらしていき、ぴたっと止まるところがあるので、そこが正しいバストのアンダーラインです。
前かがみのままホックを留めて、ここからが大事です。

左手を右のカップから手を入れてホックあたりまで伸ばします。かなりきついです。
そして背中にだぶついているお肉をワキから流し右のカップに入れます。
同じことを反対側でも行い上体を起こします。この時点で背中とワキの肉がカップイン。
つづいてまた左手で右のカップにいれてワイヤーあたりにだぶついている腹の肉を持ち上げていれ、左右行います。

これで要らない贅肉をカップに収めることができました。
紐を短く調整したらOKです。
自然と肉が背中や腹に戻ろうとしてしまうので、トイレに行くたびに直すことを勧められます。
これを毎日続けることで、上半身の肉の向きや流れが変わり、形をキープしながらバストアップさせることができるのです。

このページの先頭へ