エクササイズ

バストアップと育乳ブラの関係

バスト周りに脂肪が少なく胸が小さい、加齢とともに垂れてきた、胸は大きいのに外側に開いている、など、バストに関する悩みは人それぞれです。
共通しているのは、いつまで経っても美しいバストでいたいという願いです。
その願いを叶えてくれる「育乳ブラジャー」をご紹介します。

NYで絶大な人気を誇る「ブラデリス」をご存知でしょうか?
肥満体型が多く、加齢によって下がりやすいアメリカ人女性の胸を綺麗に整えてきた下着ブランドで、最近では日本の百貨店でも購入できます。
ブラデリスの特徴としては、胸の大きさ、悩みに合わせて段階的にブラジャーを購入していくことです。

育乳のために3ステップの段階を踏んでいきます。
まず、ステップ1のブラジャーは「肉を集める」ことが目的です。
ワイヤーの幅が広く、流れた肉をバストに戻して土台作りを行います。
試着の際にブラジャーのつけ方指導があり、ほとんどの女性が歓喜の悲鳴を上げます。
背中方向に流れた肉を、ワキを通って胸に戻し、続いて腹方向に流れた肉を谷間部分に戻します。これだけで一気に胸が大きくなり、カップに収まった胸をずっと触っていたくなるほどです。

このステップ1のブラジャーで、正しいブラジャーのつけ方をするだけでこんなに胸は変わる!というのを習慣づけます。
だいたい3~6か月つける必要があり、まずは胸の肉を集めないことには次のステップに進めません。
ちなみに、ステップ2・3と進むにつれてブラジャーとセットのショーツのデザインが豪華で繊細になってきます。
ワイヤーが広く色気があまりないステップ1のブラジャーを早く卒業するためには、毎日面倒でもブラジャーの正しいつけ方で肉を集め続けるほか方法はないのです。

つづいてステップ2では集めたお肉を「持ち上げる」作業に入ります。
理想的なお椀の形のバストを作り、横からみたときも豊かなバストになります。
カップの面積が一気に小さくなり集めたお肉を引き上げます。
加齢によって下がってしまった人はステップ2の期間が長くなる傾向にあります。

最後のステップ3では、バストアップの為に集めて持ち上げたお肉を「寄せる」作業です。
パットのサイド部分が分厚くなっていて、真ん中に寄せる機能が加わります。
ステップ1に比べてみると、柔らかい生地で繊細なレースを使っているデザインが多く、ブラデリスのブラジャーを買い始める人は早くステップ3に進みたいと言うそうです。
計算されつくしたブラジャーの機能性だけではバストアップは叶えられません。
毎日自分でバストメイキングする習慣の結果バストアップできるのです。


このページの先頭へ