エクササイズ

肩甲骨エクササイズを活用してバストアップ

背中にある「天使の羽」のような形をしている肩甲骨
実は、バストアップをするために重要な存在なんです。
肩甲骨を支えるためにつながっているのは、鎖骨だけ。
だからほかの骨と違い、腕を回したりするとゴリゴリと動くように、自由な動きができるのです。

自由に動かせる分、歪みが出やすい構造でもあります。
歪みやズレが生じることで、周囲にある筋肉が動きにくくなり、結果凝り固まってしまいます。
肩こりや背中のコリの原因は肩甲骨のズレも要因の一つなのです。
また、バストを引き上げる力が低下し、バストアップの際に垂れさせてしまう原因にもなります。

肩甲骨を正常な位置に戻すことで、硬くなったバスト周りの筋肉までほぐれ綺麗にバストアップができます。
そこで、簡単にできる肩甲骨トレーニングをご紹介します。
あぐらや椅子など自分が座りやすい恰好で座り、両手を前ならえの要領で伸ばします。
息を吸いながら手を前に差し出し、肩甲骨を動かします。
左右の肩甲骨が離れるイメージです。

戻すときは、左右の肩甲骨の間をギュッと締めるようにします。
自然な呼吸で10回ずつ終われば完成です。
簡単すぎて肩甲骨が動いている実感があまりないかもしれません。
しかし、毎日続けることによって固まった筋肉が動き肩甲骨が正しい場所におさまります。
そのころには、肩甲骨の反対側であるバスト周りの筋肉も少し緩んでいるかとおもいます。

このページの先頭へ